2015年02月18日

苦境の先に待つのはいつだって、虚無

自分にとっての「面白い」を追いかけ続けてみるも、なぜかどこまでも理想とはかけ離れていくばかり
必死に手を伸ばしているつもりでも、結局空を切るだけでいつまで経っても届かない
私は1作でもいいから、どこかのだれかにとっての「神ゲー」を生み出したいだけだったはずなのに
自分の「面白い」がたった1人でもいいから、他の人に伝わってくれたなら、それはどんなに幸せで素晴らしいことだろう?
そう考えながら、制作できたらよかったんだけどな
posted by めろん味のすいか at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。